abe_mio’s blog

ニートが音楽、落語、日常等を色々書くブログ

蒟蒻さやかちゃん

前回の続き

 

 

二人目は「美樹さやか」です。

 

 

彼女の場合、特にほむらと上条恭介ですね。

 

ほむらのところでも触れましたが、この二人は仲良くする場面が皆無でした。

まあ、最初の数週は、さやかとほむらの攻撃方法の相性が非常に悪かった事が原因ですが。

その後は、ほむら=自分やマミを邪魔する奴という印象しかなかったし、それ以外の事を考えようともしませんでした。

 

 

 

 

恭介の場合、恋心から来る暴走ですね。

しかも、作中での描写からして恭介は、さやかの事があんまり好きではない可能性が高いです。

 

 

仁美と仲良く喋っていたし、好きって言われて満更じゃねえし。

ネットで色々書かれていたと思うんですが、退院する時も、さやかには特に連絡していなかったんですよね。

 

 

まあ、その辺を冷静になって気が付いたんでしょうね。

仁美が告白したあたりから。

 

色々やってきたけど、自分が仁美よりも恭介にとって魅力的に映ることはない。

はっきり言って、一人相撲をしていただけだった。

 

それが「わたしって、ほんと馬鹿」にも繋がるし、最終回で恭介と仁美がくっつくことを冷静に諦めていたのもまあ、そういう事でしょ。

 

 

ほむらとの付き合いはまだしも、恭介に対しては正直、浅はかな考えと言えばそれまでですがね。

ただ、中学生くらいの頃なんて誰しも思慮深い行動なんか出来ないでしょ。

 

だから、中学生に命がけの選択、行動をさせるこの話は、設定ミスを起こしてはいないかなと。

小学生ではそもそも願いが無い。大学生くらいではもう少し思慮深く行動しろってなりますからね。

 

 

 

ここまで蒟蒻問答状態と、やたらと大げさに書いてきましたが、要は「視野が異常に狭くなっている」ってことなんですね。ただそれだけなんです。

 

蒟蒻問答はその事を面白おかしく描きました。

対して、まどマギは脚本家の虚淵玄さんが、蒟蒻問答を意識したかどうかは知りませんが、これを悲劇的に描きました。

 

キュウべえに騙されていたなんていうのは、まさにそうですね。

気が付くまで、作中の5人の女の子は全く気が付きませんでした。

これは、キュウべえは必ず正しいという思い込み、疑いの目線の欠如です。

 

 

 

まどマギは視野の欠如が重要なキーワードと言って良いと思います。

それはシナリオ上の悲劇的ドラマを数多く生み出しました。

 

 

この文章を書いていて、改めて古典落語は凄いなと感じました。

視野の欠如をキーワードにした作品は、形は大きく違えども現代において普通に通じているという事。

かつ、それを面白おかしく描いている事。悲惨さを全く感じない事。

 

日本人は悲しい話、陰惨な話を作るのはそれほど苦手としていないそうです。

むしろ、世界的に見ても得意なほうなんだとか。聞きかじった話ですが。

 

国籍を抜きにしても、お涙頂戴な話、演出ってのはそんなに難しくないのです。

 

それに対して笑いは難しい。

特に笑われる、笑わせるではなく、自然に笑ってもらう、何だか笑ってしまうというのは大変に難しいものなのです。

 

まどマギは視野の欠如が一つのキーワードになっている事、古典落語の偉大さ。

これらに気が付けただけでもこの文章を書いた価値があるってものです。

蒟蒻ほむらちゃん

前回の記事で、古典落語の演目「蒟蒻問答」を取り上げました。

相手の感情や思考を自分勝手に解釈し、全然違う方向に考えてしまうお話です。

 

で、最後にこの蒟蒻問答状態になってしまうアニメがあると書きました。

 

まどマギです。

魔法少女まどか☆マギカ」です。

 

お話についての詳しいことは省きます。

今回の記事は一通り視聴した人向けの内容です。

 

また、ネット上で様々な考察を見ているので、様々な方の影響を受けた上での本記事である事をご理解ください。

また、作中で明確に今回の内容は否定されているかもしれませんが、まあ……そこは穏やかにいきましょうね……

 

 

じゃあ、誰が?この状態になっているの?

察しの良い方はお気づきかもしれません。

 

まず、「暁美ほむら」です。ほむほむです。

 

そしてもう一人。その人は後回し。

 

 

とにかく解説しましょう。

まずは、ほむら。

 

もう、この人のお話内での行動は、殆ど蒟蒻問答状態だったと言っていいんじゃないかと思います。

メガネかけていた頃にまどかとマミさんに助けられて以降、少なくとも魔法少女になって以降はこの状態だったのではないのでしょうか。

 

 

二次創作で、ほむらのストーカー的行為、変態とも言える行動をパロディする人が数多くいます。

ほむらが実質ストーカーというのは正直、間違いない事実と言えます。

続編の映画も、この部分を膨らませたと言える要素がありましたね。

 

 

少し脱線しますが、多くのストーカー行為って、自分の中で勝手に対象となる人の事を想い過ぎたために行っているのでしょうね。

勿論、世の中のストーカーが必ずしもこれに当てはまるわけでは無いと思います。

 

ただ、対象の自宅をつきとめたり、追いかけたり……

双方向のコミュニケーションはおろか、一方的に話し続けるなどの行為すらできていません。

根本的に相手とコンタクトを取れていないですね。相手が自分を認識していません。

 

 

ほむらの話に戻ります。

 

もう、メガネ時代から彼女にとって、まどかはとてつもなく大きい存在でした。

キュウべえとの契約も、何とかしてまどかを救いたいという思いから来るものでした。

 

 

もう、この時点でほむらは蒟蒻問答状態になっています。

 

 

まどかと知り合って、ワルプルギスの夜との闘いまでに描写されないだけで、まどかとほむらの間には信じられない位に濃密な友情やエピソードが育まれていたかもしれません。

 

しかし、視聴者がパッと見て認識できる範囲(セリフの行間などは除く)ではまどかにとってのほむらはそれほど大きな存在ではないはずです。

 

 

まどかはさやか、仁美の3人での仲良しグループで日頃生活しています。

ほむらは恐らく、このグループの輪に入れなかったと推測できます。

 

何故なら、ループ後の世界でさやかと仲良くする描写が皆無だからです。

人間関係は水物、その時のほんの少しのすれ違いで上手くいったり、そうでなかったりします。

 

とはいえ、何度もループする中で、何となくさやかと上手く関係を保つやり方は学べそうなものです。

しかし、最終的にさやかとまともなコミュニケーションを取ることは完全に放棄していました。

(ぶっちゃけ、マミさんもです。杏子とは、建前は何とかやっていましたが)

 

 

最終回を見て分かるように、まどかはとんでもなく懐の大きい人です。

多くの人を救い出すために、自ら犠牲になったのですから。

過去を知ったうえで、ほむらの事をすべて受け入れ、認めています。

そして、私の最高の友達であると。

 

 

まどかが最終的に受け入れてくれたから良かったけどさ……

蒟蒻問答状態、つまり視野が異常に狭くなっていなければ、もうちょっと良い選択や行動、考え方が出来たかもしれません。

 

 

 

 

続きは次回

蒟蒻問答モード状態

 

蒟蒻問答(こんにゃくもんどう)という古典落語の演目があります。

 

 

とても大雑把に概要を説明すると、やたら意識の高い修行僧がお寺を訪れて問答を住職に申し込む。

しかし、住職は修行の経験もなく、元々プータローしていた所を蒟蒻屋の親父からの紹介でお飾りの住職になったばかりだったのです。

 

 

問答に負けたら如意棒で殴られ、お寺を追い出されてしまうとのこと。

住職は留守とごまかすが、ならば命の限りここで待つという。

困った挙句、仕方ねえなって事で、蒟蒻屋の親父が身分を偽って問答を引き受けます。

 

 

 

いざ問答に臨むと、修行僧は色々な言葉で問いかけてきます。

しかし、蒟蒻屋の親父にはさっぱり意味が分からないので、ずっと黙っています。

 

すると、修行僧は「これは無言の行だ」と勝手に解釈し始め、今度は手の仕草でいくつか問いかけます。

それに対し、蒟蒻屋も仕草で答えます。

その答えに恐れをなして、修行僧は負けを認めます。

 

 

 

住職は修行僧に尋ねました。何故、負けを認めたのか?と。

「素晴らしい物の考え方だ。自分の修行が及ばなかった。」と答え、逃げ去ります。

つまり、彼は仏教に関することを問いかけ、蒟蒻屋の親父はそれに対して優れた回答をしたと解釈していました。

 

しかし、一方で蒟蒻屋の親父。

彼は仕草で問いかけられる直前に、自分が蒟蒻屋である事がバレたと勘違いしました。

修行僧の問いかけは、自分の店の蒟蒻を馬鹿にした内容だと解釈していたのです。

だから、親父は仏教について答えたのではなく、おめえは俺の客じゃねえ!と回答していたのでした。というお話……

 

 

 

 

今のお笑い芸人で例えるなら、アンジャッシュのすれ違いコントですね。

双方向のコミュニケーションをして、その結果一つの答えを出すのが人と人の本来の在り方です。

お互い、勝手に解釈をして全く頓珍漢な答えに行き着いてしまうのが蒟蒻問答とアンジャッシュに共通する面白さ、おかしさなのです。

 

 

ただ、これって普通に現実世界であり得る話です。

この1年位、私は蒟蒻問答みたいなことを繰り返していました。

いや、下手したら中学生位からかもしれない。

 

やってみて駄目だった…なら良いんですが、やってもいなかったり、現実に起こってもいないのに最悪な事態が発生したつもりになっていたのです。

 

つまり、「俺には出来ない、向いていない(かもしれない)」というのが本来の形なのに、いつの間にかこの()が抜けてしまっていたのです。

結果として、精神的にも肉体的にも病んでいきました。

一人相撲による自滅ですね、情けない。

 

 

ただ、若いうちにこの「蒟蒻問答状態」を経験したのは大きいかもしれません。

ああ、このままじゃ駄目だなって肌身で感じましたし、人との関わりの中で自分の出来る事を見つけていくのは大事なんじゃね?というよりそれしか自分の事を見つける事なんて出来ないと思えるようになりましたよ。

 

 

 

色々書いたけど、もうちょい書きたいな。

そーいや、何故この話題を書いたか。

あるアニメを観ていて、あっ!これ蒟蒻問答状態じゃん!って気が付いたんですよ

そのアニメのタイトルは……長くなってきたから次回に続く……

最初の記事

初投稿です。

このブログに於いて、何か特別にやりたいことはありません。

思い立ったら色々書きたいなぁ…位の気持ちで始めました。

 

 

ま、それはさておき

色々あって現状フリーターというか、ニートというか、そんな状態なんです。

正直、こうやってブログみてえな所で炎上とか特定とかされない程度に何か吐き出しておきたいってのがあるんですよ。

この現状も単に、新卒での就職に失敗したってだけなんですが、ぶっちゃけこれやりてえなって無くって…

 

誰も見てないと思うけど、自分なりにブログの記事を書く中で自分について何か発見があれば、このブログは成功だったと言えるのかな?

 

あ、コメント等はご自由に

気が向いたら返信させて頂きます。